創業融資

創業融資制度とは

創業融資融資制度とは

一般的には新しく事業を始める際には店舗・事務所を賃借するための費用、内装工事・備品等の設備費用、原材料費、人件費、広告宣伝費など様々な経費がかかります。
このような支出に充てるための資金をすべて自己資金で賄う事ができればいいのですが、難しいのが現実です。
このように新たに事業を始める際に必要な資金を借入するために様々な融資制度が設けられています。

通常金融機関が行っている融資制度は、決算書をもとに売上や利益などの数値情報を基にした返済能力を測定し企業の信用力を審査して融資の可否を判断します。しかし新たに事業を始める際は、決算書に基づく審査ができないため、通常の融資制度を利用する事ができません。
そこで国や地方自治体が創業者向けの融資制度を準備しました。これが創業融資制度になります。

創業融資を受けるメリット

1.創業時に受けることができる。

一般的には、新しく事業を始めようとする際には多くの資金が必要になりますが、通常の金融機関では実績のない創業時に無担保での融資を受けることは難しい場合がほとんどです。しかしながら、創業融資は国や地方自治体が中小企業の創業支援をするために政策の一環として行っている為、創業時にしか利用できない融資制度として様々な面で有利に融資を受ける事ができます。新たな事業を始める方が利用できる制度には様々なものがありますが、利率や返済期間などの詳細は弊社の融資担当者までご相談下さい。

2.融資条件の良さ

通常は融資を受ける場合、担保や保証人が必要となりますが日本政策金融公庫が行う新創業融資制度では無担保無保証、連帯保証人不要と独立起業を考えている方にはリスクが少なくかなり有利な制度となっています。
また各地方自治体が行っている制度融資では信用保証協会を利用する事で金融機関から直接融資を受けるよりもはるかに好条件で融資を受けることができます。

3.事業計画の明確化

創業融資を受ける場合、事業計画書の作成が非常に重要となります。御自身の事業が本当に実現可能なのかを確認する意味があり、また、金融機関や事業の協力者への説明の際にも必要となります。売上に関してはその根拠となる商品品目、単価、数量、回転率、納期など数値化できる要素を数値化し、実行可能な計画をたてなければなりません。また、費用に関しても必要な設備費、店舗改装費および1ヶ月の仕入、人件費、広告宣伝費などのランニングコストの内訳、そしてこのランニングコストで経営していくためには何ヶ月分の運転資金を手元に準備しなければならないか、なども明確にしなければなりません。この計画を専門家とたてることで経営者自身が気づいてなかった点、今後の経営に役立つ知識や売上目標とすべき金額を明確にすることができます。

創業融資の一覧

制度融資
地方自治体(名古屋市)
中小企業経営力強化資金
日本政策金融公庫
新事業活動促進資金
日本政策金融公庫
再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)
日本政策金融公庫
女性、若者、シニア起業家支援資金
日本政策金融公庫
新規開業資金
日本政策金融公庫
新創業融資制度
日本政策金融公庫

さくら創業融資サポートセンターに依頼するメリット

日本政策金融公庫の新創業融資や地方自治体が行っている制度融資は、これから事業を始める方には非常に魅力的な融資制度となっており、これほど有利な条件で資金を借り入れできるところは他にはないと言っても良いでしょう。

その反面、審査に関しては創業計画などについて非常に厳しいチェックがあり、申請した法人や個人事業主のうち、実際に融資を受けることができるのは2割程度だと言われています。

さくら創業融資サポートセンターでは経営革新等支援機関として数多くの創業融資の経験と実績から99%の融資成功率を実現しています。

サポート内容と流れ

①お問い合わせ

②無料相談

③創業計画書作成

④融資申請

⑤面談対策

⑥面談

⑦実地調査

⑧融資獲得

無料相談

まずはじめにお客様の疑問にお答えさせていただき、状況をヒアリングさせていただきます。そのうえでお客様に一番よい融資制度をご相談の上、選定いたします。弊社のご提案にご納得いただけましたら、引き続き創業計画書作成に必要な、さらに詳細な情報をヒアリングさせていただきます。

無料相談で分かること
  • 事業計画書の重要性と書き方。
  • 他では教えてくれない事前準備が必ず必要な××と××。
  • 補助金や助成金で受給可能なものがあるか。
    ※融資(借入)が受けられるかどうかさくら独自の方法で診断できます。(融資成功率99%です。)

創業計画書作成

創業融資においてもっとも重要な事業計画書の作成をいたします。起業の状況はお客様によって様々です。経験豊富な専門家が融資成功のポイントをおさせた事業計画をお客様と共に考えさせて頂きます。

面談対策

融資申請後、1〜4回ほど金融機関や保証協会との面談が必要となります。面談では創業計画の信憑性の確認とともに、あなたの人間性も審査されます。計画が実行できる根拠と自信、事業を進める熱意をしっかり伝えられるように準備についてもサポート致します。

さくら創業融資サポートでは創業融資成功率99%以上 安心してご相談ください